1. TOP
  2. 久米啓介からのご挨拶

久米啓介からのご挨拶

こんなことになるなんて…
​私がコンサルタントになった理由

初めまして。
​フェルテの久米です。

今でこそ法人や個人事業主の方に売上アップの方法などを
アドバイスさせてもらっていますが、数年前までは全く違いました。

実は、ただの銀行員として、
​営業マンをしていたんです。

地元の金融機関に勤めだして、
2年目の時に内勤から営業に配置がありました。

そもそも、私が銀行に勤めだした理由が、、、

『会社の経営者さんの役に立ちたい』

という少し甘い考えをもって就職をしました。

なので、営業職に転属になって、
『これからやっと経営者さんと一緒に仕事ができる』
と張り切っていたのですが、、、

そんなに現実は甘くありませんでした。

営業職に転属になって、
数ヶ月で担当していた取引先が営業不振で
倒産してしまったんです。。。

まさか、私が担当になってすぐに
​倒産を経験することにはなると思いませんでした。。。

倒産の手続きで支店までこられた時の、
社長さんの顔は一生忘れることはできないと思います。

その時でした。

私が『コンサルタント』として独立して、
売上に悩んでいる社長さんの力になりたいと思い始めたのは。

結局そのあと、
就職した地元の金融機関は退職することになります。

退職してからすぐに始めたのが、
マーケティングの勉強でした。

2年以上無収入のまま、
マーケティングを学びました。

ちなみに、退職する時は特に貯金をしていたわけではないので、
2年間の生活費やマーケティングの勉強代などは、
少ない貯金を切り崩したあと、
ずっと借金をしながら生活をしていました。

今思うとよく耐えられたと思います。。。

ですが、この経験があったからこそ、
売上に悩んでいる社長さんがどれだけ苦しんでいるのか
はっきりとわかります。

会社とは規模は全く違いますが、
私の借金が原因で家族にも大変迷惑をかけ、
一家離散の直前までいきました。

守るものがあり、
そして『お金』というものがどれほど大事か、
銀行に勤めていたという期間があったにも関わらず、
それに気付いたのは自分が窮地に立たされた時でした。

だからこそ、、、

そんな思いをしている経営者の方を
一人でも多く助けたい

という気持ちがことさら、強くなりました。

​経営者というのは孤独な仕事です。

売り上げだけでなく、
マネジメントなど悩みの種は尽きないと思います。

でも、そんな相談は簡単にはできなくて、
心にしまい込んでいる方が非常に多いのは事実です。

その悩みがストレスで本業まで支障をきたす前に
相談をしてもらい経営者の方に人生を楽しんでもらいたいと思っています。